ホーム > コンクール概要 > 活動経歴紹介

活動経歴紹介

第23回 最優秀賞受賞者
大川 義秋 (箏)
拓殖大学工学部デザイン学科 メディアデザインコース在学中

福島県双葉町出身の21歳
 2011年に発生した東日本大震災での福島原子力発電所事故の影響で帰宅困難になり、余儀なく埼玉県に避難した。転校先の高校の部活動で廃部寸前の邦楽部に入部し箏と出会い、練習を課し実力をつける。在学中には埼玉県高校邦楽祭Ⅱ部にて銀賞と特別賞を受賞。

 現在は「箏男kotomen」という名で全国各地の祝賀会やイベントに出演。その傍ら、若い世代に和楽器の楽しさを伝えるべく、自作のアイドル風の衣装を身にまとい、J-POPなどのカバーをSNS等に投稿している。さらに、津軽三味線の名取を取得し「北村貴秋」の名で音楽活動の幅を広げる。
 震災時に支援してくださった世界の方々へ御恩を返す思いを込め、幅広い世代に箏音を届けている。

私の箏の活動の仕方は最高にタブーだと思うけれど、和楽器の素晴らしさを自分のやり方で発信したい。


主な活動状況

第23回くまもと全国邦楽コンクール最優秀賞・文部科学大臣賞
第22回くまもと全国邦楽コンクール優秀賞
東京都公認ヘブンアーティストライセンス取得
第9回横浜国際音楽コンクールアマチュア部門学生の部 第1位(箏曲)
第14回MBK音楽コンテスト ソロ作曲入賞(箏曲)
第37回埼玉県高校邦楽祭Ⅱ部 銀賞・明石の宮賞


第22回 最優秀賞受賞者
岡村 慎太郎 (千葉県)

 東京芸術大学卒業、同大学院修了。
在学時、宮中桃華楽堂にて御前演奏。
東京芸大推薦による奏楽堂デビューコンサート「岡村慎太郎リサイタル」開催。
三味線組歌、箏組歌を菊藤松雨師に師事、両巻伝授。
文化庁新進芸術家国内研修制度研修生。
京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター共同研究員(06〜07年度)。
エリザベト音楽大学非常勤講師、都立大江戸高校講師歴任。

地唄を中心に箏・三弦の音を追求している。


主な活動状況

第34回宮城会箏曲コンクール1位
第6回賢順記念箏曲コンクール奨励賞
第22回くまもと全国邦楽コンクール最優秀賞・文部科学大臣賞
NHK邦楽オーディション合格
第7回「静岡の名手たち」オーディション合格
日本伝統文化振興財団第11回邦楽技能者オーディション合格


▼次へ(第19回〜第21回)